SSブログ
前の3件 | -

桜吹雪を千葉の城にて [令和のヒット曲]

[ひらめき]今回は追記したので ちょい長い記事になっちゃってます。ぺこり[目]
あちこちで だいぶ桜が吹雪きだして新緑が目立ちだしてきました。彼岸に開花だろうと言われて一週間遅れて あっという間に(花が開く脇で葉も出て来てるみたいに見えるのも 今年は多かったね。)満開。木曜日に 日常生活からぷち逃避。前日から時間を作るために 家事やらいろいろと前倒し。当日は宅急便待ちでどうなるかと思ったら  8:30AM に[車(RV)]飛脚さんが一番で届けてくれて準備万端。弟が休みだったので 昼を作って 正午過ぎに電車に。用事もあったんだけれど またいつもの 約二時間だけのバカンス。今年の桜の見納めに行ったのは 千葉の桜の名所のひとつである 郷土博物館(通称 千葉城)のある亥鼻公園へ。道すがらちょっと高台になっているので最盛期は花が見えるんだけれど 今年は 新緑の方が目立っちゃって。もう高台に出たら残念でした。でも心地いい風に吹雪いて 今年はここで見納めかなと!

DSCN2311_01.JPG
今年は 花曇りや雨で 青空が望めなくてぷち残念。
DSCN2340_01.JPG
鬱金(うこん)桜は まだこれからなんだけれど一番
好きなソメイヨシノは桜前線に乗って花を待っている
地域へ見送りましょうね。            
DSCN2307_01.JPG
近所の公園には 早咲きの桜が置き土産を!
今年も 綺麗な花を見せてくれてありがとう![かわいい]
*************************

[るんるん]さて今回の一曲は ちょっと趣を変えて 最近気になっているというか頭から離れない最新の曲を。ここ数年 流行歌って全く判らないんだけれど 去年はギリ 「オトナブルー」新しい学校のリーダース が引っかかって 今年は 先週かな?ラジオで一回聴いたら 歌詞なんかまったくわからないんだけれど リズムだけ妙にハマっちゃった ジャンルとしてはラップ?ヒップホップ?に該当するんだろうけれど 数年前に流行った 「PPAP-ペンパイナッポーアッポーペン-」ピコ太郎(古坂大魔王) みたいにノリでリズムでガツ~ンと来ちゃった一曲。おいらも良く判らないから 諸先輩方はもっと?!かもしれないし 若い方なら・・・あ!あれね。という曲なんだけれど。あ~ シュークリーム食べたくなってきちゃったよ!ブリンバンバンボン!多分れびゅ~には至らないと思うので なんか変わった感じの曲が 若い子を中心にすんごく流行ってるYO!と言うことだけ伝わればいいかな~って。「バンボボン」ってのは アタックNO.1(アニメ)の挿入歌だっけ。「バン・ババン」はビューティ・ペアの1977年のヒット曲。とは関係ないんだけれど。一昨日 密林からCDが届いたばっかり。これどのブログ記事カテゴリーに入れるべきか?!”仲間入り!” or ”令和のヒット曲”(ってカテゴリー作るべきか?そしたら「オトナブルー」もだな。変更しとかなきゃ!) ”れびゅー”は微妙だし。まぁ あとでいいや![るんるん]
DSCN2345_01.JPG 「Bling-Bang-Bang-Born(ブリン・バン・バン・ボーン)」Creepy Nuts(クリーピー ナッツ) 2024年03月20日 テレビアニメ[マッシュル-MASHLE- 神覚者候補選抜試験編]オープニング・テーマ曲 / 「二度寝」(TBS/MBS系金曜ドラマ 阿部サダヲ主演 宮藤官九郎脚本 ドラマ[不適切にもほどがある!]主題歌)とカップリングで CDリリース 3枚目のメジャーリリース作品(デジタル・ダウン・ロード・リリースは 2024年01月07日)
ホント勉強不足で全くと言っていいほど判らないジャンルなんだけれど( 以降 下部のオレンジ文字までの間は スルー推奨! ) ヒップホップというジャンルが 日本でも認知されてアンダーグラウンド的なところから メジャーなジャンルへと移行してしばらく経つみたい。日本でのラップやヒップホップの源流は 1980年代のスネークマン・ショーあたりだとか。おいらは その頃 「咲坂と桃内のごきげんいかがワン・ツゥ・スリー」 ユー・アンド・ミー・オルガスムス・オーケストラ ってなんとなく聞いてたんだけれど 単にノリがいいリズムだけ気になっていて いわゆる喋り的な部分は興味なかったから 殆ど聴いてないに久しいんですよね。ヒップホップって リズムに乗って 言葉を紡ぐみたいな 歌うというのではなくて 喋り言葉で表現するようなジャンルとでも言ったらいいのかな?リズムに乗って言葉を追いかけないと何言ってるか聞き逃しちゃうくらい 集中力がいるジャンルだと思うわけ。これはプレイするほうも 耳を傾ける方も かなりテクニックが無いとすごく難しいように感じる。否 難しいとかってことじゃなくて 自然と感じて バイブスというか雰囲気というかフィーリング重視の現代では 当たり前のジャンルなんだろうね。書き出しでも書いたんだけれど おいらは正直 未だに歌詞?というの?言葉が理解出来ないでいるし リズムを感じることが楽しい!それしか判らない。
MC(ラップ)のR-指定 と DJのDJ松永の30代の二人によるユニットにより繰り広げられる 世界観なんだけれど 聴いてこの世界観が好みであるか否か で 大きく取り込める・楽しめることが出来るかって別れちゃうんだろうね。ロックやポップスにも言えるけれど たとえ言葉が判らなくても この”感じ”が 好きって エモーション(心が揺れ動く感情)で 好きってのがあるでしょ。ビートルズの数々の名曲の歌詞が判らなくても 曲はいいよね!って言うような雰囲気重視のジャンルだと思うんだよね。(個人的にね!)
あんまりグタグタ並べても こんがらがっちゃうから まずは音として楽しめるかってところから 感じられればいいんじゃないかな!(難しい~っ!)何度も書きますが おいらは歌詞良く判ってなくて その中に ”To the next,To the 一番上 ”って 歌詞の最初の部分を未だに ”クロレッツ”(そんなガムがあったよね。)って聴こえちゃうんだもの。あ~ブログ記事書いて これだけわけわからないこと書いたの初めてかも!読みづらくて御免なさい。おいら自身何言ってるか判らなくなってきちゃった。もし興味があったら聴いてみてくださいね。スルーも勿論OK!シュークリーム食べながら 力まないで聴いてる方がいいわ!とにかく国内ではもちろん世界中で かなりのストリーミング再生回数が現在も増大中で 一位を獲得している国も10か国以上だとか! [もうやだ~(悲しい顔)]


この動画中の ブリン・バン・バン・・・って言うサビの部分の
BBBBダンスも バズってるらしいね。
おいらも ようやく入口に近づけたみたい。流行に疎くなった
な~・・・。ガクッと来ちゃうね。[がく~(落胆した顔)]シュークリームをたら
ふく食べる魔法の使えないマンガ・アニメの主人公が真ん中の
マッシュルーム・カットのキャラ。でも おいらはやっぱり
エクレア派だな![exclamation×2] サビの部分を聴いたら 久保田利伸の
「流星のサドル」がぷち過った![るんるん] [目]          
カラーは違うけれど似てる!そういえば 久保田利伸もラップ
取り入れたっけね!そしてJ-POPに新たな風が吹いて来たね!
♫ Shine on my , Shine on my dangerous road…
(今記事は おいら自身何書いてるか ホント良く判って
ない。[パンチ][がく~(落胆した顔)])                  
*************************
軌道修正
DSCN2264_01.JPG
近くにある郵便局前の かりん並木には 花が![かわいい]
DSCN2338_01.JPG
さっきの千葉城がある亥鼻公園に シャガも咲いてた。
花暦が次々とに捲られてゆきます。行ったり来たりの
陽気だけれど これが令和6年の春本番なんだろうね。
DSCN2134_01.JPG
これは関係ないんだけれど ひと月前くらいかな?!
よく行くスーパーに こんな牽引トレーラーが![がく~(落胆した顔)]
バナナの叩き売りでもするのかな?近寄って触って
みたかったけれど やめといた!多分窓みたいな所が
開いてキッチン・カーみたいになるんだろうけれど。
はたして・・・全国行脚してるのかな?!牽引されて
走ってるところ見たかったな!お近くで見たことある
方がいらっしゃいましたら 教えて下さ~い![目][たらーっ(汗)]

水曜日の日に 小学校で入学式があった。間違いなくおいらより若い 正装されたご両親と一緒に真新しいランドセルを背負うか背負われているか?新入学生が お昼頃すれ違った。おいらは もう覚えていないけれど 入学した日には 小学校って何するんだか判ってなかったんだよね。勉強するところというのは理解できているんだけれど 教科書を見てノートに何か書いたりするなんて理解してなかった。だんだんに慣れて行くんだけれど 大嫌いだった保育園もそうだけれど どうもね集団で何かするって その頃から駄目だったみたい。でもやるんだけれどね。周りを気にしたりソワソワしてたんじゃないかな。今の子は小さい頃から勉強したりしてるけれど おいらの頃は小学校入って まず最初の勉強は 50音をしっかり覚えて書くことだったな。ひらがな・カタカナ。運動も出来なかったんだよね。何時か書いたけれど 早生まれの子は一年くらい生まれが遅いから 幼稚園行ってた子や四月から夏くらいまでに生まれた子は 勉強も出来てたみたい。でも その頃は すごいなとか思っては無かったんだけれどね。地域的に公務員や国鉄官舎 大手商社の社宅に住んでいる子の割合が結構多かったから 商売人の子(保育園に通ってた子が多かった)は無邪気なんだけれど その時点で一概には言えないけれど 生活感の違いや 同じところからのスタートではないなという感じのニュアンスは判ってたみたい。時代的なものや商売人でない親の学歴の差というものとかねそういう背景も あるんだけれどね。おいらはずっと劣等感持ってたのは 多分勉強の仕方とかもわかって無かったからなんだろうね。親の言っている漢字の書き順もかなり間違ってたし。まぁ勉強するのは おいら自身だから責任は自分にあるわけだし。多分勉強しなさいと言われてたはずだろうしね。そんなことを すれ違った 真新しいブレザーを着た子を見て思い返してた。毎年そうなんだけれどね。たぶん過去の四月の記事に幾度か書いてあることでしょう。おいらに子供がいたら おいらみたいにしたくないから かなりうるさい親になってたかもね。親の認知機能の低下が進まないように 細々したこと ぐちぐち言っちゃうおいらのことだからね。は~ぁ 言わないでいて認知機能が著しく低下しちゃうのも困るけれど。(こういう時に脱線しないんだよな!何故か。)陽気が良くなってきたから 親自身にも基礎体力戻してもらうために運動もさせて 筋肉も復活させないと!
さ~て 次回更新は 4/21 0:00の予定です。[メモ]いろいろと値上がりしちゃってますが上手くやりくりしなきゃ!光熱費は幾らか助かる季節到来だけど 固定資産税も一回目(分割払い)払って 来月は 自動車税も払わにゃ~な。健康保険は8月からか!政治家は 国民と向かい合って いい加減しっかりしてくれよ~!ぼんび~は嫌だ~っ!(ここで脱線か!)新年度!おいらも気持ち切り替えていかなくては。途中で何書いてるか判らなくなってきちゃったYO![がく~(落胆した顔)]それでは 今回はこのあたりにて ぐな~ぃ![夜]

[メモ] 更新前の追記 ・・・20240413 18:30 正午に家を出て 二時間だけのバカンスPart.2を決行。松戸(千葉)に用があったので 用を済ませて常磐線に乗り 隣駅の金町経由で 柴又へ。

DSCN2356_01.JPG
桜の季節に 寅さんと”さくら”を見てきました。
ホントは佃煮屋さんに行くつもりだったのですが
つぶれてしま・・・った のではなくて改装中なので
また 次の機会に延期になってしまった。残念。
DSCN2360_01.JPG
帝釈天に詣でて 草だんごを買って帰路に。
おみくじは 大吉でした。華丸じゃなかったYO!
でも そのまま帰るのもシャクだからちょっと遠回りで
散歩をして電車に乗って帰りました。
DSCN2365_01.JPG
街中には こんなスタジオもありました。[わーい(嬉しい顔)]
DSCN2372_01.JPG
ホームの駅名標も!さすが 寅さんの街!
DSCN2369_01.JPG
また来るね!ばいび~!

わすれな・めも ・・・ 20240413 00:00(更新前) 福来スズ子も すでに過去の存在になってしまっていた。

nice!(22)  コメント(11) 
共通テーマ:音楽

ソメジロ撮れたYO! [1984年のヒット曲]

なかなかじっくりと桜(と書いて花 もしくは華!)を見に行っている余裕は無いんだけれど そういえば毎年ソメイヨシノの時期は ハナグモリが多くて青空バックに花を見上げることって 吹雪くころにならないと見れないな・・・なんて思い出してました。[かわいい]

DSCN2374_01.JPG
DSCN2370_01.JPG

食材を買出しに行く前に 公園に行ってみました。でも 満開じゃないみたい。空もちょっと重めの曇天。この記事が更新されるころには 満開になっていると思うんだけれど 今週半ばに見頃は終盤だろうな。[時計]

DSCN2391_01.JPG
DSCN2410_01.JPG

あ!でもね 撮りたいなって感じ(思ったようには撮れない[ふらふら])の ソメイ&乙女椿 ソメジロが撮れた!バックが青空だったら もっと良かったんだけれど。[カメラ] 20240404 11:30ころ。

DSCN2414_01.JPG
胴ぶきは 大島桜。
(思い出し・・・最近の若い子は文章に ” 。(句点)”を

つけると威圧感を感じて ”マルハラ” って言うらし
いけれど おいらは 句点が 付いてないと 文章が
中途半端になっているみたいで キモい! ←これも
嫌なんだけれどね。まぁ人それぞれでいいけど。)
*************************

[るんるん]さて今回の一曲は 前回に引き続き40年前の1984年のヒット曲から。この頃は話題の新曲がリリースされると初登場一位(一部のアーティストに限られるんだけれど)が当たり前の ヒット曲が短命な時代になって来て特にアイドルポップスは 逃げ切りで一位を獲得出来て話題になれば!なんて風潮が流行歌をより一部の世代のものになりつつあるころでしたっけ。それがいけないというわけではないのだけれど 流行歌が幅の広い世代の人気を得られないことから短命になり 特大ヒット曲が出難くなり始めてましたっけね。いわゆるミリオンセラーというものなんだけれど。そこには要因もあって バブル景気で屋内でじっくりと娯楽を楽しむよりも 屋外(国内・海外旅行などバカンスを楽しむ)に求める傾向が強まりつつあったからなんですよね。でも おいらみたいに ぼんび~だとね。。。いくら仕事(と言っても見習いだったし)といえど収入は 新卒の初任給より安いから到底 羽を伸ばすなんてことは出来なかった。でも 時間があればレコード屋さん(今はこう呼ばないけれど まだ主流はCDでなくアナログ盤だったからね。)に出向いてたな。新譜の予約は お世話になっていたレコード屋さんに行くんだけれど 仕事帰りやレッスンの日なんかに地元でないところに行くと レコード屋(中古販売店も含む)巡りをしてたから いろんなところに行ったね。今回の一曲も新譜で予約して買ったんだけれど 仕事帰りにとんでもなく遠周り?(足を延ばして)して(同じものを二枚買ってしまうことになりますが)今はもうない 東京・清瀬の商店街にあった小さなレコード屋さんで買った一枚でした。一度行ってみたかった街だったから。(でも”ミルキーハウス”って スナックは見つけられなかったな。スーパー・ニチイの傍にあったらしいけれど。)[るんるん]
DSCN2230_01.JPG 「サザン・ウインド」 中森明菜 1984年04月11日発売 8枚目のシングル ホント この作品が40年前のものだと思えないんだけれどね。とにかく明菜ちゃんが歌っている時に楽しそうに気持ちよく歌っていた頃だったなって思う。この作品の2作後に井上陽水さんが提供した「飾りじゃないのよ涙は」で それ以降のアイドルというよりは 自身をプロデュースするアーティストへの移行期に移る前で ストイックな面は勿論良い意味であったんだけれど とにかく歌うのが楽しいって感じが見ていてストレートに伝わってくるアイドル期(第一期)の後期に当たる作品。スピード感のあるイントロから とにかく爽やかでしたね。これ以降 上手く表現出来ないんですが 1990年リリースの「Dear Friend」(企画盤を除く24枚目)まで 似たような(夏場の海風を感じさせる涼し気な)曲調の作品は残念ながらなかったんですよね。夏場を迎える頃になると 潮のかほりが恋しくなって 毎年聴きたくなるんですよ。この手の作品をもう少し歌ってほしかったな。この年には安全地帯として大ブレイクした玉置浩二さんが曲を書かれているんですね。初登場首位を獲得して約55万枚の売上。年間でも10位にランクされる大ヒットでした。
書き出しにも書いたんですが このシングル盤は予約して買ったんだけれど 仕事で都内西部地区に行く機会があって(今の西東京市 柳沢で仕事仲間と別れて)電車で帰ることになり 西武新宿線に乗るわけなんですが ここまで来たんだから 明菜ちゃんの出身地である清瀬に行ってみたいと思って 23区方面とは逆の電車に乗ったまでは良いんですが 途中で間違えた電車に乗ってしまい戻ってきたりして 埼玉県所沢経由で清瀬に向かい その頃には初夏なんだけれど日も暮れ始めてしまい駅前をぶらぶらしてたんですね。レコード屋さんが確か2軒あったんだけれど 記念にと思って持っているのにこのレコードを買ったんですね。持ち合わせがそう無かったから ホントはその店で見かけた 『マイベスト20』山本リンダ って言うタイトルのカセットが欲しかったんだけれどね。却下。その後 住所が判らなかったから ニチイってスーパーの近くに 明菜ちゃんのお母さんが営んでいたスナック ”ミルキーウェイ”を探したんだけれど判らなかった。もし見つけても未成年だからお酒なんか飲めないしね。そんな思い出がこのレコードには記憶されているのでした。その後また清瀬には行くことがあったんですが バスを乗り過ごしちゃって 随分歩いたことあったな。柳瀬川のほとりを歩いたり 明菜ちゃんの通っていた小学校や中学校の近所を通ったり こういう街で育ったんだって。今はすっかり変わっちゃって住宅地になっちゃって。おいらの知っている自然の多い清瀬は もう記憶の中にだけ。十七の初夏でした。時代は流れ CD-SHOPでさえ少なくなった今 用があって出かけた先で気にかけることはほぼ無いんだけれど 出先で食事をするところを探すよりレコード屋さんを探すことを気にかけていた頃がありましたね。その地に行った時に電話ボックスの電話帳を調べたり。そうそう清瀬に行った時 50音の電話帳の 中森という名字の部分だけ切り取られてたのを思い出した。今思い返すと 埼玉の新座や朝霞もそう遠くなかったんだな。しかし時は既に流れ 遥か遠くになっていた。


デビュー42周年(2024年05月01日)を前に 新たな情報が
飛び込んできました。明菜ちゃんの活動再開も そう遠くは
無さそうな気配が。同日に以前発売されたコンピレーション
CDに未発表作品の「HELLOW MARY LOU」が収録されて
ラッカー・マスター・サウンド・プリントで新装発売。  
頑張っちゃう明菜ちゃんだから 気合十分なんだろうけれど
どうかマイペースで 歌うことを楽しんでほしいな~![わーい(嬉しい顔)][るんるん]
*************************
DSCN2224_01.JPG
ヤマザキ春のパン祭りのシールが貯まったので交換して
来ました。今年も二枚分。すぐには使う予定は無いの
だけれど 微妙な大きさなので コーン・フレイクを
食べるにちょうどいいかな。なんて思ったりしてます。

記事の捕捉になるんだけれど 最近は CD-SHOP(総合ジャンルで品ぞろえ豊富な店)がホント無くなりました。おいらは 新譜(旧譜も新品は)は殆ど密林頼みなんだけれど 中古探しは相変わらずこまめに行ってる方なのかな。とはいえ BOOK OFFとか HARD OFF 系列店なんだけれどね。最近は 外国人の方がアナログ盤をかなり探しておられてるみたいだね。おいらもシングル盤(がメインだから)を探すに行くんだけれど。一時よりまた増えて来た。起き場所が無い!整理しなくちゃ。時々お世話になったレコード屋さんのお店の方とか 店長さんとかどうされているのかなって。家にあるレコードやCDって どこで買ったとかって完全じゃないけれど覚えている方かな。中古盤は あやふやなんだけれど。そろそろ棚卸しなくちゃ駄目かな。2年前に数えたきりだしね。

今週は ソメイヨシノを見送ることになるのかな。名前忘れちゃったけれど あ!思い出した!うこん桜だ。鬱金桜まだ見てないな。そろそろ咲いてそうなんだけれど。先日近所で 菖蒲に似た花が咲いてるのを見かけた。たぶんアイリスなんだろうけれど さくらと入れ違いに紫色の花暦もめくられて行きそうですね。そしてかしわ餅の季節が!次回更新は 4/14 0:00の予定です。まだまだ陽気が安定しませんので 皆様体調崩されませんように!今回はこのあたりにて ぐな~ぃ![夜]

更新前の追記(おぼえがき) ・・・ 20240407 00:00 ① 三浦祐太朗と大谷翔平は似ているなと思った。 ② 不可能なんだけど 見てみたかった 谷 啓さん(クレイジーキャッツ)と 山内健司(かまいたち) やす子(女性芸人)が繰り広げる どたばたファミリー・ドラマ ③ 改めて聴いたらいいなと思った 「桜」河口恭吾(2016年リリース) ④NHKの定時ニュースの頭で流れる音(アイキャッチみたいなの)が ”サクッとカリカリ”って聴こえる。 ⑤(前記事にも書いた)野沢直子(あまり綺麗じゃない。爆)は 野沢那智(ラジオ・パーソナリティ/俳優・声優)と野沢雅子([ドラゴンボール] 孫悟空の声の声優/ニセモノの芸人があまりにひどい!^^;)の娘では無かった。けれど 野沢那智の姪っ子だった。

わすれな・めも ・・・ 20240408 16:15 今日の昼前に髪を切って来た。

nice!(95)  コメント(56) 
共通テーマ:音楽

一気に咲いて 吹雪いてゆくのかな・・・ [1984年のヒット曲]

開花しました。[かわいい]3/28の午後 買い出しの前にいつもの公園に寄ったら2~3輪のソメイヨシノが開きました。当初は彼岸の中日当たりの開花予想が約一週間遅れ 一昨日29日の午後に東京でも(靖国神社の標本木)開花宣言が出ましたね。

DSCN2207_01.JPG
3/28 12:30ころ [カメラ] 
曇ってたので綺麗に見えなかったYO。
DSCN2199_01.JPG
今日あたり 一気に満開になるかもしれないね。
気温もかなり上がるとか。25℃くらいなんて予報も。
このまま夏になってくれるなよ~っ!やだYO![がく~(落胆した顔)]
*********************

[るんるん]今この記事を書いている 金曜日の夕刻。朝からの荒天から一転して 初夏の日差しと陽気。明日土曜日 明後日日曜(この記事が更新された日)も22~4℃くらいの予報。おだやかな春の陽気が続いてくれると 良いんだけれど一気に夏はやめてくれよ!先取りの業界では もう季節は夏。その先の準備も始まってるんだろうけれど。今回は そんな先取り業界のタイアップが付いた 40年前の1984(昭和59)年4月リリースのヒット曲から。新年度に入ってから 1月に高校をドロップアウトしたおいらは アルバイトや設備関係の仕事の見習いとかしながらレッスンに通って。何時だかの記事に書いたんだけれど 超高偏差値の都内の私立高校に仕事で行って嫌な思いもしたけれど 決して高くはないけれど収入はちょっとあったから 裕福じゃないけれど 原付免許を取って行動範囲も広がってたな。仕事は都内が多かったから工事先の最寄り駅まで電車に通う時に ウォークマンで歌を覚えたりしてたな。毎週渋谷にも通っていたし 都内へお上りさんしてたな。今は滅多に行かないもん。行っても江戸川区 葛飾区や江東区。隅田川渡らないしね。あ~隅田公園の桜見に行きたいな。今回の一曲は そんな頃テレビやラジオから頻繁に流れていた化粧品の夏のイメージソング。1984年の春から夏。季節感を毎日感じていたような記憶が。うららかな春 じめっとした梅雨 カラっとした夏。仕事や関連でいろんなところも行ったな。明菜ちゃんの実家があった東京・清瀬に初めて行ったのも 自由が丘の近くの尾山台とか等々力 西荻窪 経堂 新宿 原宿 赤坂 東京駅ど真ん前の丸ビル 横浜・日野 埼玉・草加 ・・・ 仕事の事務所が 新大久保 秋葉原 東日本橋の各所にあったからそこらを拠点に(車は免許無かったから運転出来なかったけれど 後部座席で外を見ながら風を感じながら)仕事をするってこういうことなのかなって思う反面 季節感をそれまで以上に感じてたな生理的に今でも覚えている。今回の一曲は そんな頃かなり良く聴いていたな。[るんるん]
DSCN2218_01.JPG 「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」 中原めいこ 1984年04月05日発売 6枚目のシングル。ウイークリー・シングル売上 最高8位 約24万枚 自己最高セールスの代表作。1982年4月「今夜だけDance・Dance・Dance」でデビュー。民放のオーディション番組に出演したり 作曲家 鈴木邦彦さんの主宰するポップス・スクールで学ばれたり 郷ひろみさんをはじめとする バックコーラスで活躍されたりとデビュー前から ヴォーカルは勿論ソング・ライティングもキャリアを積んでおられました。デビュー当初は 詳しく知らなかったんだけれど おいらは彼女の出身地の高校に通っていたから 同級生から 同じ街出身なんだよ!って聞いて名前は知っていたっけ。その後[ファーストフード]ハンバーガ屋のバイト先のBGMで彼女の作品を良く聴くようになってはまって行ったのは まだ今回の一曲がリリースされるちょっと前。1982年デビュー組ではあるんだけれど アイドルではないから ちょっとカッコイイ シンガー・ソング・ライターで 稲垣潤一さんと レコード会社では ニューミュージックの新派としてプッシュ(第二のユーミンというキャッチフレーズも!)され だんだんと大学生を中心に人気が急上昇でしたね。彼女の作品は それまでのニューミュージックには無い ラテン・フレーバー溢れるダンサンブルな作品が より他とのカラーを区別することにより 独自のサウンドカラーを展開して行きました。
「君たちキウイ・パパイア・マンゴーだね。」は そのなんともポップで キャッチ―なタイトルと歌詞 スピード感あるダンサンブルサウンドで 1984年の夏を彩りました。カネボウの夏のキャンペーンソングとしても話題を呼び 一気に人気は急上昇。デビュー直後から引っ張りだこだった 学園祭クイーンも さらに人気を呼び揺るがず君臨。スローなバラード作品にも定評があり バランスのいいアルバムも連続大ヒット。「君たち~」と前作シングル「スコーピオン」後作シングル「エモーション」を収録した4枚目のアルバム『ロートスの果実』はロングセラーになると共に 彼女の人気は確固たるものなりました。現在も話題になっているシティ・ポップスの本流を行く作品は 彼女を知らない世代にも人気に。
その後は シングル・アルバム共に話題作を発表。ドラマやアニメの主題歌に起用された「こわれたピアノ」「ロ・ロ・ロ・ロシアン・ルーレット」「鏡の中のアクトレス」 早見優に提供した「PASSION」を始めコンスタントなヒットを連発 一時期 ニューヨークを起点に作品制作をされていたのですが 1992年のライブを最後に10年間の活動にピリオドを打ち活動休止。その後 一切の情報が全くと言っていいほど聞こえてこなくなってしまいました。ニューヨークでフィクサーに狙われ・・・謎の最後とかゴシップも流れましたが 話題は全くと言ってその後も聞こえてこない。現在の所 最後のリリース・シングル「Fortune -銀の月夜のハネムーン-」とアルバム『ON THE PLANET -地球でのできごと-』のタイトルがどうも意味深に思えて仕方ない。
そうこうしていた時 おいらは1995年に就いた会社員のころに (翌年)会社の会長の名代で 某国会議員の地元の後援会の会合に出席した時 彼女の実のお父さんと名刺を交換(渡しただけになってしまったのですが・・・)する機会があり ”めいこさんの作品 大好きで聴いています。”と話題を切り出したのですが 流石にその場では(活動休止について)切り出すことは 緊張してたのもあるんだけれど 出来なかったんですね。今でも心残りだったりするのだけれど。もうあれから約28年だもの。めいこさんも お父様もお元気だと良いのだけれど。おこがましいけれど 中原めいこさんとの距離が 一番近づいたのが その時だったのでした。
勿論 今でも多くの作品を聴かせていただいています。一番好きなのは おいらが19歳の誕生日にリリースしてくれた6枚目のアルバム『MOODS』。中でも「Gimmie,Gimmie Motions」と「極楽鳥のテーマ」。めいこさんはデビュー作から デジタル・レコーディング作品をリリースされているんだけれど このアルバムは サウンドも一級品で深みがあって 数えきれないおいらの所有レコードやCDの中でも マイフェイヴァリットな一枚。飛行機乗ったこともないから 勿論行ったことは無いけれど 一日中眠らないニューヨークの摩天楼を見上げる街並みの中にいるような それでいてとても心地良さが聴くたびに包まれるようで。現在でも発売されているので 一枚のアルバムとしてもいつか れびゅ~したいんだけれどね。不思議だ。1992年・・・あれ以来 一切彼女の話題は何ひとつ聞こえてこない。彼女は 現代のかぐや姫だったのだろうか。。。


1984年 この年はこの作品を始め アイドルとはまた違った
女性ポップス系の大ヒットが多かった年だったな。
数々のヒット曲が ジャンルを超えて上手くブレンドされて
おいらは 1984年は J-POP元年はこの年だと思う。
年を前後して いろんな有名な方が仰られているんだけれど
洋楽もまた 数多くのアーティストが 総合チャートに登場
して カヴァー作品も軒並みヒットしてましたっけ。   
*************************
DSCN2204_01.JPG
次の記事では 満開のソメイヨシノをUP出来るかな?
親を連れて花を見せたいけれど ここの所顔見るのも
嫌な感じなんだけれどね。[ふらふら]こっちも上手く気持ちを
切り替えなきゃいけないんだけれど 顔見る度に文句が
先に口から出てしまう。否定しちゃいけないと多数の
文献やWEBなどの記事で 目にするんだけれども
認知機能は低下する傾向でも 正しいことを間違って
いるというのは抵抗ある。多くの人を 見て来ている
けど かえって脳の活性をおかしくしてしまうんじゃ
ないかって思うんですよね。こっちも心の余裕がない
のかな。満開になったころ 陽気が良ければ外に連れ
出せればいいな。歩かせないと 運動させないと肉体
から衰えが進んでしまうしね。。。う~む。    

今日で 三月と令和五年度がおわり 月替わりで新年度。何事も吉方へ進んでもほしいな。今月ひと月は とにかく毎週通院してたし 追いまくられて自分のことは ほぼ手つかず。陽気が安定して 親が活動的になってくれると 身体にも良い影響が出ると思うんだけれどな。。。さてさて次回更新は 4/7 0:00の予定です。[メモ]祖の頃には ソメイヨシノも新緑が見え始めてくるかも。時間を上手く割いて 花を愛でることが出来るといいな。そして桜前線を見送るんだろうな。おいらは 満開のうす紅桜が暖かな風に吹かれて吹雪く時が一番好き。夜桜であればなおさら。今週も また一歩 ぼちぼちと歩みだしてゆきますか!今回は このあたりにて。ぐな~ぃ![夜]

わすれな・めも ・・・ 20240403 18:00 野沢直子は 野沢那智と野沢雅子の子供では無かった!(以前はそう思っていた。あはは。)

nice!(89)  コメント(45) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -